栽培作業

農業と福祉の連携





栽培風景

定植作業

トマト苗の受付作業

就労支援施設で、トマト栽培は多く導入されています。

トマト収穫

収穫と選別作業

トマトの収穫は、1年中です。
とても手間がかかります。

しいたけ

収穫・出荷作業

収穫したあと選別し、出荷作業など、多くの作業があります。

キクラゲ

収穫・出荷作業

生育の早いキクラゲは、生出荷が一番 洗浄・ブロウ・パック詰めを行います。

 


梱包作業

ラベル貼り・ラッピング

適正に応じて、いろいろな

作業があります。





楽しい職場

利用者さんが、楽しく仕事ができる職場に

障碍者就労支援施設の利用者さんが、永く利用してくれるには、楽しい仕事や 売上に貢献している楽しさがあることが、大切だと言われています。

  • 作もの成長を見ながら、作業できる。
  • キノコ栽培施設では、森のアロマで落ち着く
  • 利用者さんにあった作業がある。
  • 地産地消にて販売の仕事もできる。
  • 1年を通じ、継続的な作業がある。


周年作業

お米+キノコ

 
5月田植え、草刈り、秋収穫
晩秋~翌春 椎茸 

秋野菜+春野菜


春蒔き 葉物野菜、イモ類など
秋蒔き ニンニク、タマネギなど

薬用キノコ+食用キノコ


春~秋 霊芝
 秋~春 椎茸

施設栽培


トマトや、ナス、ピーマンなどの果菜類のビニールハウス栽培は、周年収穫作業


障害者施設と農業の関係

 施設の課題  解決の対案
 作業、社会参加の提供場所が少ない  農家:作業の多さ、人手不足
 賃金の確保、就労場所  農家:パート不足を補える
 楽しい職場  作物の成長を見ながらの作業
 体調の改善  農業により障害の緩和改善期待
 作業人員  耕作放棄地の農業